薄毛が遺伝する割合

薄毛というと遺伝によるものというイメージが少なからずありますが、実際のところ薄毛は何も遺伝だけで起きるわけではありません。
一族全員がふさふさであっても毎日脂っこい食事ばかりして運動をしない、髪の毛も洗わないなどのことになってくれば、当然その人の髪の毛は薄くなりやすくなってしまうでしょう。
この「薄毛は必ずしも遺伝によるものだとは限らない」ということはまず基本として押さえた上で、そもそも薄毛はどれくらいの割合で遺伝するのかというのかというと、これは「薄毛になる可能性はおよそ25%ほどの確率で遺伝する」というのが答えになります。
一見すると「父親や祖父が薄毛だと25%の確率で自分はそうなるのか」とも思えるのですが、これはあくまでも可能性の話です。
もし本当に薄毛になることが確定しているのだとすれば話は別ですが、父親も祖父も髪の毛が薄かったのにいつまでもふさふさの髪の毛を持っている人というのはそれなりにいるものです。
どれだけ可能性があったとしても普段の生活をしっかりと注意していれば、自分の髪の毛が薄くなる確率はかなり抑えられると言えるでしょう。
そもそも実際に真美の毛が薄くなってしまったほとんどの人は、遺伝以外の何らかの原因があります。
それは不摂生な生活習慣だったり、AGAという病気を発症してしまったことが原因だったりといった違いはあるのですが、普段からしっかりと予防をして、もしAGAになったと分かったのであればその時にすぐにAGA治療の専門情報を確認したり、治療を開始するというようにすれば問題ありません。
むしろ遺伝で自分はいつか薄毛になると思い続けてしまうとそのストレスが原因になって髪の毛が薄くなることも考えられますから、ある程度気楽に考えておいた方が良いでしょう。

■頭頂部の薄毛にはこの医薬品がおすすめです
ミノキシジル
■フケは薄毛にも影響するのでフケについて知りましょう
フケ 原因